陸マイラー活動

陸マイラーを夫婦でやる時の2つの方法!それぞれのメリット・デメリットを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

陸マイラーのともパパです。

突然ですが、皆さんはどのような家族構成ですか?

独身?

夫婦2人?

夫婦+子供?

ちなみに私の家族構成は夫婦+娘1人です😊

陸マイラーを行うにあたって、この家族構成が重要になってきます。

理由は単純!特別航空券を取得する際に、必要となるマイル数が増えるから😅

私の場合には、家族旅行で特別航空券を取得する場合には3人分のマイル数が必要になってきます。

3人分のマイルを獲得するのってかなり大変です💦

グアムくらいの近い海外であれば1年で十分貯めれますが、アメリカやヨーロッパなどの遠い海外の特別航空券を獲得しようと思うと結構頑張らないと難しいです。

そんな時に行いたいのは、夫婦で陸マイラーを始める事。そうすれば、獲得できるマイル数が増えますので、1人で3人分のマイルを獲得するよりは楽になります。

では夫婦で陸マイラーを始める際に、どんな方法があるのでしょうか?

方法としては2通りあります。

夫婦で同時期に陸マイラーを始める『短期計画』、夫婦で陸マイラーを始める時期をずらす『長期計画』。

それぞれメリット・デメリットがあります。ちなみに、私の場合は『長期計画』で陸マイラー活動を行っています。

今回は、夫婦で陸マイラーを始める2つの方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

陸マイラーを夫婦でやる時の2つの方法!

陸マイラー活動での主なマイル獲得源は、ポイントサイト案件のクレジットカード発行にて大量マイルを獲得する方法。夫婦でそれぞれクレジットカードを発行すれば、単純に獲得できるマイル数が倍増する訳ですね😊

ただクレジットカードといっても無限にある訳ではありません😅

数年間も毎月クレジットカードを発行していれば、段々と発行できるクレジットカードは減ってきます。

という事は、陸マイラー歴が長くなる程獲得できる年間マイル数が減ってくるという事です。

『短期計画』であれば、夫婦で同時期にクレジットカードを発行し始める訳ですから、最初の数年間は年間数十万マイルを獲得できますが、それも月日が経つにつれて段々と獲得マイル数が減ってきます。

『長期計画』であれば、夫婦で時期をずらしてクレジットカードを発行する方法ですので、年間獲得マイル数は減少します。しかし、発行できるクレジットカードが減ってきたら、陸マイラーを始めていない夫婦のどちらかが陸マイラーを始めれば、再び発行できるクレジットカードが増加しますので、長期的に陸マイラー活動を楽しめる訳です。

『短期計画』・『長期計画』のそれぞれにメリット・デメリットがありますので紹介していきます。

スポンサーリンク

短期計画のメリット・デメリット

短期計画のメリット・デメリットには次のようなものがあります。

短期計画のメリット
  • 獲得できる年間マイル数が増える
  • 高いマイル還元率で移行可能!?

先程も紹介しましたが、短期計画とは夫婦で同時期にクレジットカード発行を行う事。つまり、獲得できる年間マイル数も増加します。

年に数回の海外旅行を計画されている方や、アメリカやヨーロッパ等の遠方へ毎年旅行に行きたい方は短期計画で陸マイラー活動を行う事をおすすめします。

また、陸マイラーの最新ルート『TOKYUルート』でのマイル還元率は75%と高い還元率でマイル移行が可能です。

しかしこの『TOKYUルート』もいつ閉鎖となるかは正直わかりません😅

『TOKYUルート』閉鎖となれば、マイル還元率が75%よりも減少する可能性が十分にあります(還元率が上昇する可能性も0ではありませんが、過去の還元率推移から予想しますと減少する可能性の方が高いと思います)

ですので、できるだけ高いマイル還元率で陸マイラー活動を行いたい方は、短期計画で陸マイラー活動を行った方が無難です。

短期計画のデメリット
  • 発行できるクレジットカードの減りが早い
  • 考えて発行しないと、カードキャンペーンでの獲得マイル数が減ってしまう
  • 管理するクレジットカード等が多くて大変

夫婦で同時期に陸マイラーを始めれば、同じように発行できるクレジットカードの種類が減っていきます。ですので、月日を重ねる毎に獲得できるマイル数が減っていく事になってしまいます。将来子供が大きくなり、海外旅行に興味を示してきた頃に陸マイラーを再開しようと思っても『クレジットカード案件が残っていない』なんて事になるかもしれません💦

また、クレジットカードによってはカード利用額に応じてマイルを獲得できるキャンペーンを行っている事が多々あります。キャンペーンを利用してマイルを獲得するには、数ヶ月の間に数十万円を利用する必要があります。

何も考えずに同じクレジットカードを同時に発行すると、最悪数ヶ月で100万円以上のカード利用が必要となってしまいます。夫婦で同時に陸マイラーを始める場合には、発行するクレジットカードをしっかりと考えなければ、むしろ損する可能性もありますので注意して下さい!

また、発行するクレジットカードも2人分となりますし、登録するポイントサイトも2人分になりますので、単純に大変になります😅夫婦それぞれできちんと管理できる家庭であれば良いのですが、我が家の場合には私1人で2人分の管理を行う必要がありますのでとても大変になってしまいます(妻がネット等に対しての知識があまりにも乏しい為💦)

スポンサーリンク

長期計画のメリット・デメリット

長期計画のメリット・デメリットには次のようなものがあります。

長期計画のメリット
  • 長期的にほどほどのマイル数が獲得できる
  • 管理するクレジットカード等が少なくて楽

長期計画は夫婦で時期をずらして陸マイラー活動を行う方法。ですので、短期計画程の大量マイルを獲得するのは難しいですが、グアム等の近場の海外旅行に行くのであれば十分すぎるだけのマイルを長期的に獲得する事が可能です。

また管理するクレジットカードやポイントサイトも1人分ですので楽ですよ😊

長期計画のデメリット
  • 短期計画と比べると、年間獲得マイル数が減少
  • 将来マイル還元率が減少するおそれあり

短期計画と比べると、長期計画の方が獲得できるマイル数は減少します。それでも私の場合、年間15万マイル前後は獲得できていますが。

遠方の海外やビジネスクラス・ファーストクラスでの海外旅行に毎年夫婦で行きたい場合には、マイル数が足りませんので数年に1回の旅行となってしまいます😅

また『TOKYUルート』もいつ閉鎖になるかがわかりませんし、閉鎖となれば今後のマイル還元率は現状よりも減少する可能性が高いです。どうしても75%のマイル還元率でマイルを獲得したい方は、夫婦でさっさと陸マイラーを始めてしまい、後々の事はその時考えた方が良いと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、夫婦で陸マイラーを始める2つの方法を紹介しました。

短期計画も長期計画もそれぞれメリット・デメリットがあります。

自身の家族が『どういった目的で陸マイラーを始めるのか』をよく考え、どちらの計画で陸マイラー活動を行うのかを話し合ってみて下さい😊

スポンサーリンク

RELATED POST