クレジットカード

陸マイラーの2019年最新ルート『TOKYUルート』!『TOKYUルート』の詳細をとことん解説します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

『ソラチカルート』閉鎖の影響で、2019年より陸マイラーの新ルートになる『TOKYUルート』。

なぜ『ソラチカルート』が閉鎖になってしまうのか?

新ルートの『TOKYUルート』って何?

『TOKYUルート』を利用するにはどうすれば良いの?

今回はANAマイラーの私が、『ソラチカルート』閉鎖~新ルート『TOKYUルート』でのANAマイル移行についてまで、徹底的に解説していきたいと思います😊

スポンサーリンク

『ソラチカルート』について

『ソラチカルート』はなぜ閉鎖に?

ソラチカルートとは、マイル還元率81%と執筆時点では最も高還元率にマイル移行できるルートです。

実際の『ソラチカルート』は

各ポイントサイト→『LINEポイント』→『メトロポイント』→『ANAマイル』の移行手順となります。

今回『LINEポイント』→『メトロポイント』への交換サービスが終了する事になってしまったのです💦

この影響で『ソラチカルート』が閉鎖となる事になってしまいました😢

実際に終了する時期は、『2019年12月27日15時』に終了となっています。

今回『2019年12月27日15時』に終了するLINEポイントの交換先は次のようになっています。

『2019年12月27日15時』に終了するLINEポイントの交換先
  • dポイント
  • nanacoポイント
  • メトロポイント
  • ベルメゾン・ポイント
  • JALマイレージバンク
  • Amazonギフト券*
  • Pontaポイント*
  • 選べるe-GIFT*

 

『ソラチカルート』閉鎖で保有しているポイントはどうなる?

今回終了となるのは、あくまで『LINEポイント』→『メトロポイント』への移行です。

ですので、現在保有している『LINEポイント』に関しては早急に『メトロポイント』への移行をしなければなりません。

一応『2019年12月27日15時』までは、『メトロポイント』への移行が可能とのアナウンスがされていますが、この終了時期が変更にならないとも限りません😅余程の事情がないようでしたら、早い段階での移行をおすすめします。

では、現在保有している『メトロポイント』に関してはどうなるのでしょうか?

『メトロポイント』→『ANAマイル』への移行に関しては、今のところ終了予定はありません。そのまま保有していても大丈夫ですし、『ANAマイル』へ移行しても問題ありません。

これらの内容に関しては、こちらの記事でも詳しく説明しています。

 

スポンサーリンク

『TOKYUルート』について

新ルート『TOKYUルート』とは?

陸マイラーにとって新たなマイル移行方法となる『TOKYUルート』。

どのような移行方法でANAマイルに移行するのでしょうか?

『TOKYUルート』とは、正式名『ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード』と呼ばれるカードを利用し、ANAマイルに交換するルートの事です。

実際の『TOKYUルート』は次のような手順となります。

マイルへの移行率は75%。『ソラチカルート』の81%には及びませんが、高移行率での移行が可能です。

 

『TOKYUルート』を利用するために必要な準備は?

『TOKYUルート』を利用するには、次のような準備をする必要があります。

  1. 『ポイントサイト』に登録
  2. 『ドットマネー』に登録
  3. 『ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード』の発行
  4. 『TOKYU POINT Webサービス 』の利用登録
  5. 『ANAカードマイレージクラブ』のWebパスワード変更

①『ポイントサイト』に登録

『TOKYUルート』を利用するには、『ポイントサイト』への登録が必要です。

では登録するポイントサイトはどのポイントサイトでも良いでのしょうか?

答えはNoです!

『TOKYUルート』を利用してマイル移行を行うには、必ず『ドットマネー』に移行可能なポイントサイトを選ぶ必要があります。

とりあえず『ハピタス』、『モッピー』、『すぐたま』あたりに登録しておけば間違いないと思います。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!

 

②『ドットマネー』に登録

次は登録したポイントサイトで獲得したポイントを『ドットマネー』に移行する必要があります。

『ドットマネー』では、手持ちのポイントをドットマネーにまとめて、現金やギフト券、電子マネーに1マネー=1円で交換できるポイントサイトです。

ポイント交換にかかる手数料も無料なので、かなり使い勝手の良いサイトです。

『ドットマネー』への登録は下のリンクから行って下さい。

 

③『ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード』の発行

次に行う事は、『ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード』の発行です。

『ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード』の発行は下のリンクから行って下さい。

本来であれば、クレジットカード発行は『ポイントサイト』を経由して行うのが得策なのですが、執筆時点で『ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード』発行案件がありません😅

ポイントサイトでの案件が発生しましたら、ポイントサイト経由で発行する事をおすすめします。

④『TOKYU POINT Webサービス 』の利用登録

『ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード』が手元に届いたら、次に『TOKYU POINT Webサービス』の利用登録を行います。

『TOKYU POINT Webサービス』とは、TOKYUポイントの確認や他ポイントへの移行をWeb上で行う事ができるサービスです。

登録しておいた方が便利ですのでおすすめします😊

下のリンクより『TOKYU POINT Webサービス』に登録をして下さい。

 

⑤『ANAカードマイレージクラブ』のWebパスワード変更

最後に『ANAカードマイレージクラブ』のWebパスワードを変更します。

『ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード』はANAカードの一種です。

ANAカードを発行すると、自動的に『ANAカードマイレージクラブ』に登録されます。

『ANAカードマイレージクラブ』のホームページより、ANAマイル数を確認したり・使用したりできます。

『ANAカードマイレージクラブ』にログインするには、『お客様番号』と『Webパスワード』を入力する必要があります。

『お客様番号』は『ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード』に記載されていますので、カードが手元に届いたら確認して下さい。

『Webパスワード』は、Webパスワードを一度も設定していない場合、『Webパスワード』欄に『AMCパスワード(数字4桁)』を入力します。

その後に表示される画面で、Webパスワードを自身の覚えやすいパスワードに変更して下さい。

『AMCパスワード』はカード審査が通れば、後に登録した住所にハガキで送られてきますので確認して下さい。

 

スポンサーリンク

『TOKYUルート』に対応しているポイントサイトは?

『TOKYUルート』を利用するには、『ドットマネー』を経由しなければなりません。

つまり、ポイントを『ドットマネー』に移行できるポイントサイトであれば、『TOKYUルート』が利用可能です。

今回は次の有名ポイントサイトの中で、『TOKYUルート』が対応しているのは次のサイトです。

『TOKYUルート』対応ポイントサイト *2019年10月現在
  • ハピタス
  • モッピー
  • ちょびリッチ
  • ライフメディア
  • すぐたま
  • i2iポイント
  • げん玉
  • ポイントインカム
  • GetMoney!
  • ワラウ
  • ポケフル

『TOKYUルート』の移行期間(タイムスケジュール)は?

『TOKYUルート』のポイント移行にかかる期間は次のようになっています。

『ポイントサイト』→『ドットマネー』への移行期間は各ポイントサイト毎に変わってきます。

下に各ポイントサイト毎の移行期間をまとめましたので、参考にして下さい(*2019年10月時点)

リアルタイムで交換可能
  • モッピー(スマホサイト)
  • ちょびリッチ
  • すぐたま
  • ポケフル
  •  

 

~3営業日で交換可能
  • ハピタス
  • ライフメディア
  • げん玉
  • ポイントインカム
  • ワラウ

『TOKYUルート』は、最短3週間程でマイルへの移行が可能となっています。

 

『ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード』って?

『ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード』とは、ANAカードの交通系IC一体型カードに属するカードです。ざっくり言えば、通常のANAカードに何かしらの交通系ICカード機能が付いていると思って頂ければ良いかなと思います😊

その何かしらの交通系ICカード機能が、 『ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード』の場合は、『PASMO』な訳です。

ANAカードの機能もあり、さらに『PASMO』としても利用できるクレジットカードと思って下さい。

さらに 『ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード』は『TOKYUポイント』を貯めたり、使用したりする事もできます。

『TOKYUポイント』とは、東急グループ(東急百貨店や東急ハンズなど)や全国の加盟店で貯めて使えるポイントサービスです。

『TOKYUルート』を利用するのに、この『TOKYUポイント』を経由してマイルへの移行を行う為、必須のポイントサービスとなってきます。

『ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード』については、こちらの記事で詳しく説明しています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は陸マイラーの新ルート『TOKYUルート』の解説を行いました。

『TOKYUルート』は我々陸マイラーの希望の道となるでしょう。

これからも楽しみながら陸マイラー活動を続けていきましょう😊

海外旅行傷害保険付帯

スポンサーリンク

RELATED POST