クレジットカード

クレジットカードが作れない人は6つの条件を見直してみよう!

ともパパ
ともパパ
何で自分はクレジットカードが作れないんだろう?原因は何?

今回は、このような疑問にお答えしていきます。

この記事を読んで頂くと

  • クレジットカードが作れない人の特徴がわかる
  • クレジットカードが作れない原因がわかる

 

クレジットカードを作ろうと、何度も審査に申し込むが通らない💦

『何で自分はクレジットカードが作れないのか?』

そのような人は次にあげる6つの条件を見直してみて下さい。

  1. カードを短期間で複数枚申し込まない(多重申し込みをしない)
  2. キャッシング枠を『なし』にする
  3. カード発行後、短期間で解約しない
  4. カードの支払いを延滞しない
  5. クレジットヒストリーをきちんとしておく
  6. 発行条件を満たしているか

クレジットカードが作れない人は、これらが原因の可能性が高いですよ。

*今回の記事内容は、カード審査通過を保証するものではありませんので注意して下さい!

 

 

クレジットカードが作れない人が見直す6条件

サラリーマンの男性

クレジットカードを申し込む場合にはいくつかの注意点があります。

これらの注意点を守る事で、何もせずに申し込むよりもカード審査に通りやすくなりますよ。

 

①カードを短期間で複数枚申し込まない(多重申し込みをしない)

 

短期間の間にカードを複数枚申し込む事を『多重申し込み』と言います。

多重申し込みは、カード会社や信用情報機関に怪しまれます。

『入会キャンペーンでポイントを獲得するのが目的で、きちんと使用してくれないのでは?』

『お金に困っていて、利用するだけ利用して返済はできないのでは?』

このようにカードを発行する側は思う訳です。

こう思われてしまっては、クレジットカードが作れないのは当然です。

クレジットカードの発行は1ヶ月に1枚までとして下さい。

多重申し込みについては、こちらで詳しく説明していますので確認してみて下さい。

②キャッシング枠を『なし』にする

 

キャッシングは、急遽お金に困った時に簡単に借りる事ができるので便利ではあります。

ただし、キャッシングはカード会社にする借金です。

カード会社としては貸したお金ですので必ず返して貰わなければなりません。

つまり、キャッシング枠を付けてカード発行をする際は、カード会社もそれだけ慎重にならざるを得ません。

もちろんキャッシング枠を利用したい人は、キャッシング枠を付けて申し込みをすれば良いと思います。

しかし、キャッシングをする予定が全くない人にとっては、ただカード審査通過のハードルを上げているだけです😅

キャッシングを利用する予定がない人はキャッシング枠を『なし』にしてカード申し込みをして下さい。

これだけでも、クレジットカードが作れない原因が解決する事がありますよ。

 

③カード発行後、短期間で解約しない

 

クレジットカードの入会キャンペーンでポイントを獲得。

その後は利用する予定はないから、さっさと解約。

この行動は、カード会社に与える印象は最悪です。

カード会社もお金をかけてカードを発行しています。

そのカードを一度も利用せずに、直ぐに解約されてしまっては会社の損失となってしまいます。

一度このような事をしてしまうと、カード会社からの信用を失う事になるでしょう💦

今後もクレジットカードを申し込む予定があるのなら、せめて1年くらい(2年目以降年会費が発行するカードであれば、年会費が発生する直前まで)は解約しない事をおすすめします。

既に短期解約をした経験がある方は、別の金融会社のクレジットカードを作るようにしましょう。

 

④カードの支払いを延滞しない

 

これはもう当たり前ですね。

クレジットカードとは、信用でなりたっています。

だって、お金は後払いで、先に食べ物やほしいものを購入できるんですから!

飲食店でいった所の『つけ』と同じですよね。

信用できる人物でなければ『つけ』なんてやってくれません。はじめて行く飲食店で、見ず知らずの相手に『つけ』なんて無理ですよね。

クレジットカードも一緒です。

信用できる人物でないと、カードの発行はしてもらえません。

以前カード払いを延滞した事がある人物を信用する事があなたならできますか?

『また延滞されるのではないだろうか?』と考えるのは当然の考えかと思います。

ですので、カード払いを延滞しないように注意して下さい。

もし仮に、支払い延滞の過去歴がある方は、比較的作りやすいと言われているクレジットカードを申し込んでみて下さい。

それでもダメなら、最低でも数年間は借金等せずに、コツコツと信頼を獲得していくしかありません。

 

作りやすいクレジットカード

 

⑤クレジットヒストリーをきちんと育てておく

 

クレジットヒストリー(略してクレヒス)とは、クレジットカードの利用履歴の事です。

クレヒスをきちんと育てるとは、毎月きちんとクレジットカードを利用しましょう!という事です。

利用する金額は少額(数百円)で構いません。

とにかく、毎月カードを利用し、支払い日にきちんと利用料を支払う。

これらをきちんと実行し、クレヒスをきちんと育てておきましょう。

そうする事で、『安心してカード発行できる人物』という認識をしてもらう事が重要です。

 

⑥発行条件を満たしているか

 

クレジットカードには、それぞれ発行する人物に一定の条件を設けている事がほとんどです。

例えば

  • 年齢
  • 職業
  • 年収
  • 借金の有無
  • 勤続年数

 

他にも多数の条件が設けられています。

これらの条件の内、我々に知らされているのは年齢と職業くらいです。

パートはダメと書いてあるクレジットカードに、パートの方が申し込んでも、作れないのは当然です。

借金に関しては、最低でも年収の1/3未満にしておきたいところ。

勤続年数は3年以上、年収は300~350万円以上という方もカード審査に通りやすいと言われています。

今一度、カードを発行できる人の条件をきちんと見直してみて下さい。

 

まとめ

いかがでしたか?

クレジットカードが作りやすい人は、カードの審査基準を上回っている人です。

何よりもカード会社が重要視するのは、発行する人物の返済能力です。

もし仮に、あなたが相手の支払いを立て替える立場だとしたらどうですか?

あなたは、あなた自身にカード発行をできますか?信用できますか?

クレジットカードが作れない人は、今回紹介した6条件を今一度見直してみて下さい。

今回紹介した方法は審査通過を保証するものではありません。

しかし、これらの方法をしっかりと守る事で、何もしないよりカード審査に通過しやすくなりますよ。

 

こちらの記事もおすすめ
クレジットカード

【クレジットカード】楽天カードは楽天ペイとの紐づけがおすすめ!楽天ポイントが常時2倍に!?

2019年11月14日
陸マイラーが教えるクレジットカード・ポイントサイトブログ
皆さんクレジットカードの『楽天カード』ってご存じですか? 『知っとるわ!!』と即答されそうなくらい有名なクレジットカードです …