クレジットカード

【クレジットカード】リクルートカードは年会費無料かつ最強のおすすめクレジットカード!

リクルートカード

年会費無料のクレジットカードは世の中に沢山あります。

そんな年会費無料のクレジットカードの中でも特におすすめできるのが『リクルートカード』。

『リクルートカード』の主なおすすめ理由は次のようなところです。

  • ポイント還元率が1.2%~と高還元率
  • 税金の支払いでもポイント獲得が可能
  • 今なら最大6000円分のポイント獲得のチャンス

年会費無料のクレジットカードとしては最強レベルに優秀なクレジットカードです。

特におすすめなのは、税金等の支払いでもポイント獲得が可能な事。

通常税金等の支払いはクレジットカード払いにはできません。

となると、口座引き落としやコンビニで現金払いをする事になります。

しかし、『リクルート』ならある裏ワザを使う事で、税金等のクレジット払いが利用できない場合でもポイント獲得が可能なのです。

最初にネタバレをしておくと

  • nanacoにクレジットチャージをすればOKです。

この方法については、後に詳しく説明していきます。

今回は、年会費無用のクレジットカード『リクルートカード』について紹介します。

 

クレジットカード『リクルートカード』の基本情報

リクルートカード

『リクルートカード』の基本情報は次のようになっています。

  • 年会費 → 無料
  • 国際ブランド → VISA、Mastercard、JCB
  • ポイント還元率 → 1.2%~
  • 電子マネー → nanaco*、モバイルSuica*、楽天Edy、SMART ICOCA 

  *はどの国際ブランドでも対応。その他はVISA、Mastercardのみ対応。

『リクルートカード』は年会費無料のクレジットカード。利用料金にかかわらず年会費はかかりません。

国際ブランドは3種から選べます。

使い勝手を取るならVISA、Mastercard。キャンペーンの豊富さで選ぶならJCBカードを選ぶと良いですよ😊

ポイント還元率は1.2%~と高還元率です。

さらにリクルートが運営しているサイトであれば、ポイント還元率が上昇します。

例えばポンパレモールを利用すればポイント還元率は4.2%に、じゃらんnetを利用すればポイント還元率は3.2%に上昇しますよ。

また、対応している電子マネーはnanaco*、モバイルSuica*、楽天Edy、SMART ICOCAの4種。

この中で、どの国際ブランドでも利用できるのは*が付いている電子マネーです。

その他(楽天Edy、SMART ICOCA)については、VISA、Mastercardでないと利用できないので注意が必要です。

 

『リクルートカード』は税金の支払いでもポイント獲得が可能

税金の支払いでポイント獲得

『リクルートカード』は税金(自動車税等)の支払いでもポイント獲得が可能です。

通常税金の支払いは『口座引き落とし』や『支払い用紙を利用して現金払い』等でしか支払う方法がありません。

この方法ではポイントを獲得する事ができません😅

しかし『リクルートカード』を上手に利用する事で、ポイントを獲得する事ができるようになります。

その方法は、冒頭で紹介したようにnanacoにクレジットチャージを行う方法。

この方法なら税金の支払いでポイントが獲得できますよ😊

セブンイレブン等で利用できる電子マネー『nanaco』はチャージする方法の1つにクレジットチャージといって、クレジットカード払いでチャージする方法があります。

この方法を利用すると、クレジットカード払いしたカードのポイントを獲得する事ができるのです。

ここで1つ注意点があります。

nanacoのクレジットチャージでポイントが付くクレジットカードは限られている!

そうなんです。nanacoへのクレジットチャージでは、ほとんどのクレジットカードがポイント付与対象外となっています。

しかし、『リクルートカード』は違います!

『リクルートカード』であれば、クレジットチャージでもポイント付与の対象となっているのです。

しかし上限があります。ポイント付与の上限は

  • 月額30,000円まで
  • 月額30,001円以上はポイント付与対象外

ですので、税金も3万円分は還元率1.2%でポイントが付与されます。

他にも、クレジットカード払いができない公共料金等でも利用できますのでおすすめですよ😊

 

今なら最大6000円分のポイント獲得のチャンス

ポイント獲得

今なら、リクルートカードを発行・利用する事で、最大6000円分のポイントが獲得できるチャンスです。

無料のクレジットカードを発行するだけで6000円分のポイントが獲得できるんですから、この機会を逃すのはもったいないですよ😅

6000円分のポイント獲得するには、次の3つの条件を満たす必要があります。

  1. 新規入会 → 1000円分ポイント
  2. 発行60日以内の利用 → 1000円分ポイント
  3. 発行60日以内に対象会社の携帯料金を自動振替 → 4000円分ポイント

③について、対象の携帯電話会社は執筆時点では、docomo、au、softbank、Y!mobileの4社となっています。

これら4社の携帯利用料金を『リクルートカード』の自動振替に変更するだけで4000円分のポイントが獲得可能です。

これら4社の携帯を利用している方はチャンスですよ😊

 

まとめ

今回は、年会費無料のクレジットカード『リクルートカード』の紹介をしました。

そもそもポイント還元率1.2%~は、年会費無料のクレジットカードの中では高還元率です。

さらに、電子マネーチャージでもポイントが1.2%還元されるクレジットカードは数少ないです。

税金や公共料金の支払い額は数万円~となりかなり高額です。

この高額な支払いでポイントを逃すのは非常に勿体ないですよ😅

『リクルートカード』は年会費無料で発行できますので、nanacoのクレジットチャージ目的で発行するのは『あり』だと思います。

皆さんも、『リクルートカード』を発行し、ポイントの取り逃しがないようにして下さいね😊

こちらの記事もおすすめ