クレジットカード

クレジットカードは更新時にも審査があります!5つの事を確認しましょう!

ともパパ
ともパパ
クレジットカード更新時にも審査があるって聞いたけど?更新審査について詳しく知りたい!

今回は、このような疑問にお答えしていきます。

やっとの思いで発行できたお気に入りのクレジットカード。

今後も利用しようと思っていたのに、有効期限が過ぎても更新カードが届かない!?

このような経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、クレジットカード審査は発行時だけでなく、更新時にも行われるのです。

更新審査のタイミングはクレジットカード有効期限の数ヶ月前。

この更新審査に通過できなければ、更新カードは届きません。

では更新時の審査内容はどのような事が行われているのでしょうか?

今回は、クレジットカード更新時に行われる審査について紹介していきます。

 

 

クレジットカードは更新時にも審査があります!

審査

 

クレジットカードの有効期限は3~5年である事がほとんでです。

3~5年も経過すれば、生活環境にも少なからず変化を伴う人が多いかと思います。

多くの方は昇級や出世等で生活環境が向上している場合が多いでしょう。

しかし中には、会社の倒産や転職にて給料が減少してしまった方など、生活環境が悪い方向に転じているかたもいらっしゃるかと思います。

クレジットカード会社としても、自社に好ましくない顧客に対していつまでもカードを発行しておく事はデメリットでしかありません。

このような方に対して、今後もカードを発行しておく事が妥当であるかの判断をする必要があるのです。

この際に行われる審査が更新審査。

クレジットカードの更新審査について確認していきましょう。

 

更新審査の内容

 

クレジットカードの更新審査では、大きく分けて3つの事について確認をされます。

 

①過去のカード利用状況

 

更新予定のクレジットカードをどの程度利用してくれているかを、過去に遡って審査されます。

この際に、数年間全く利用していなかったり、支払い遅延を何回もおこしていたりすると、クレジットカードが更新されない可能性があるため注意が必要です。

支払い遅延に関しては論外ですので、絶対に行わないように注意して下さい。

万一行ってしまった場合には、こちらの記事を参考し対処しましょう。

 

カードの利用状況に関しては、毎月少額で良い(100円でもOK!)ので利用し、きちんと支払いを行うようにして下さい。

このようにカードをきちんと利用する事をクレジットヒストリーと言います。

クレジットヒストリーをきちんと構築しておく事で、更新審査に通りやすくなりますよ。

 

②他社でのカード利用状況

 

更新したいクレジットカードはきちんと利用しているのに、更新カードが届かない!

では他クレジットカードの利用状況はいかがですか?

カード発行時と同様に、CIC等の個人信用情報機関に登録されている他金融商品の利用状況を確認されます。

もし仮に、他社クレジットカードにて支払い遅延等の金融問題を起こしていた場合には、更新審査に通らない可能性があります。

他にも、H22年に施行された総量規制の影響で、キャッシング額もしくはキャッシング枠の総額が年収の1/3を超えている場合にも注意が必要です。

この場合には、キャッシング枠なしの更新カードが届いたり、更新カードが届かない可能性があります。

キャッシングやキャッシング枠の見直しを行うようにして下さい。

 

③顧客情報の確認

 

クレジットカード発行時と更新時で、年収や職種・職歴等に全く変化がない方はほとんどいないでしょう。

これらの情報が良い方向に転換している分には何も問題ありません。

万一、転職や会社倒産等で悪い方向に転換している場合には注意が必要です。

クレジットカードの利用状況に問題はないけれども、更新カードが届かない方は、自身の環境で悪い方向に転換している事柄がないかを確認して下さい。

 

更新カードが届かない場合に確認する5つの事!

Check

 

クレジットカードの有効期限が切れたのに、更新カードが届かない。

そんな時は5つの事を確認してみて下さい。

基本的には、クレジットカードを発行する際に気をつける事を意識しましょう。

クレジットカードが発行できる条件であれば、更新もできます。

 

1.クレジットカードをきちんと利用しているか?

 

先程も述べましたが、発行したクレジットカードは少額でも良いので、毎月きちんと利用するようにしましょう。

クレジットヒストリーの構築は、カード審査通過にとても重要な事柄ですよ。

利用する予定がないクレジットカードは解約しておく事をおすすめします。

 

2.支払い遅延等を行っていないか?

 

支払い遅延は、今後もカード発行をしたい人間にとっては、1番やってはいけない行為です。

これらの問題を行っていると、カード発行だけでなくローン等の金融商品も利用できなくなりますので、注意して下さい。

 

3.自身の顧客情報に変化はないか?

 

年収や職種・職歴等、自身の顧客情報が悪い方向に変化していると、それが理由で更新カードが発行されない場合があります。

顧客情報に大きなマイナス点がないかを確認するようにして下さい。

 

4.住所変更は行った?

 

引越しを行った場合にも注意が必要。

発行時の住所と現在の住所が異なる場合には、カード会社に連絡し住所変更の手続きが必要です。

3~5年以内に引越しを行った方は、住所変更を行ったかどうかを確認して下さい。

 

5.キャッシング枠やキャッシング額が年収の1/3以下か?

 

H22年の総量規制により、キャッシング枠やキャッシング額が多い場合には注意が必要です。

できれば年収の1/3以下になるように調節して下さい。

これが原因で、更新カードが発行されない可能性がありますよ。

 

クレジットカードは更新審査にも気を付けよう!

 

クレジットカードの審査は発行時だけではありません。

更新時にも審査がある事をしっかりと意識して下さい。

基本的には、利用状況や自身の顧客情報に余程のマイナス点がなければ、クレジットカードはきちんと更新されます。

利用状況に関しては、更新したいクレジットカードだけでなく、他のクレジットカードの利用状況も確認される事を認識しておきましょう。

せっかく手に入れたお気に入りの1枚を失わないように、きちんとした管理を行う事が重要です。

 

こちらの記事もおすすめ