クレジットカード

Amazonで分割払いを行う方法は3通り!どれを選ぶ?

ともパパ
ともパパ
Amazonで分割・リボ払いが出来るらしいけど、どうやってやるの?

今回はこんな疑問にお答えしていきます。

この記事を読んで頂くと

  • Amazonで分割払い・リボ払いを行う方法がわかる

 

Amazonでクレジットカードを利用する際に、数年前までは一括払いしかできませんでした。

しかし、Amazonユーザーの中には、1回のネットショッピングで数万円~数十万円を利用する方もいるかと思います。

そんなユーザーの中には、分割払いやリボ払いを利用したい方も多いでしょう。

そんな要望もあってか、2018よりAmazonでも分割払いやリボ払いが可能となっています。

しかし、Amazonで分割払いやリボ払いが利用できるのは

  1. JCBカード
  2. VISAカード
  3. MasterCard

上記3つの国際ブランドのみです。

AmericanExpressやダイナースに関しては、利用する事ができません。

そこで今回は様々なクレジットカードでも分割払いやリボ払いが行えるように、3つの方法を紹介していきたいと思います。

先に3つの方法を紹介しておきますと

 

Amazonで分割・リボ払いを行う3つの方法
  1. Amazonの決済画面で選択(JCB・VISA・MasterCard)
  2. 決済後に支払い方法を変更(American Express・ダイナース等)
  3. リボ払い専用カードを利用

 

今回は、この3通りの方法について解説していきたいと思います。

 

 

 

① Amazonの決済画面で選択する方法(JCB・VISA・MasterCard)

男性が確認をしている

まずは、Amazonの決済画面で直接入力する方法です。

直接入力してしまえば、分割払い・リボ払いが利用可能ではありますが、いくつか注意点もありますのでチェックして下さい。

 

①ー1 3つの国際ブランドのみ選択可能

冒頭でも紹介しましたが、JCB・VISA・MasterCardの3つの国際ブランドに関しては、Amazonの決済画面で分割払い・リボ払いが選択可能です。

ではAmerican Expressではどのように表示されるのでしょうか?

『分割・リボ払い』の表示がありません。

つまり分割払い・リボ払いが利用できないのです。

 

①ー2 こんな時は分割払い・リボ払いが利用できません

JCB・VISA・MasterCardのクレジットカードであっても、Amazon決済画面で分割払い・リボ払いが利用できないケースがあります。

 

JCB・VISA・MasterCardで分割・リボ払いが利用できないケース
  1. 注文金額が自身の限度額を上回っている場合
  2. カート内商品に37円未満の商品が1点でも入っている場合
  3. AmericanExpress・ダイナース等で支払う場合
  4. 海外で発行されたクレジットカードで支払う場合
  5. Amazonギフト券を購入する場合
  6. Kindleコンテンツ等のデジタルコンテンツを購入する場合
  7. Kindle Unlimited等のデジタルコンテンツを定期購入する場合
  8. Amazonプライム会員の支払い
  9. PrimeNowの支払い
  10. Amazonフレッシュの支払い
  11. Prime Student年会費の支払い
  12. Amazon Payでの支払い
  13. 定期おトク便の支払い
  14. 1-click利用での支払い

 

上記ケースの場合は、Amazon決済画面では分割払い・リボ払いは利用できませんので注意して下さい。

 

①ー3 Amazonで選択可能な分割払い・リボ払いの方法は?

Amazonで選択可能な分割払い・リボ払いの方法は次のようになっています。

 

Amazonで選択可能な分割払い・リボ払いの方法
  • 分割払い

Amazonで選択可能な分割払い回数は

3・5・6・10・12・15・18・20・24回となっており、全カード共通です。

  • リボ払い

リボ払いとは、毎月の支払上限額を決めて支払いをする事です。

上限額以上の利用分に関しては、翌月以降の請求になります。

支払い上限額の決定は各クレジットカード毎に決定されますので、詳しくはカード会社に問い合わせて下さい。

 

①ー4 年会費無料のおすすめクレジットカード

Amazonで分割・リボ払いを行う事ができる、おすすめの年会費無料なクレジットカードを紹介します。

 

✅JCB CARD W

JCB CARD Wは39歳以下でないと発行できないクレジットカードです。

ただし、1度発行してしまえば、その後40歳を超えても使い続ける事が出来ますので安心して下さい。

JCB CARD Wがおすすめなポイントは、とにかくポイントが良く貯まるという事。

通常還元率が1.0%であり、Amazon利用なら還元率2.0%と倍になる凄いカード。

さらに今ならAmazonでの利用で還元率が最大6.5%となるキャンペーンも行われています。

Amazonを利用するなら、JCB CARD Wでの決済がおすすめですよ。

 

申し込みはこちら → JCB CARD W

 

✅REXカード

REXカードは年会費無料にも関わらず、還元率1.25%と高還元率なクレジットカード。

Amazon利用だけでなく、普段使いにもおすすめです。

さらに国内・外旅行の傷害保険が付帯するという、なんともうれしいおまけつき。

しかも、海外旅行の傷害保険は自動付帯なので、REXカードを持っているだけで適応されるのもありがたいですね。

詳しくはREXカードのホームページをご覧ください。

 

申し込みはこちら → REXカード

 

✅リクルートカード

リクルートカードもおすすめなクレジットカード。

ポイント還元率は1.2%と高還元率なので、普段使いにもおすすめです。

さらにリクルートカードのおすすめポイントはnanacoとの合わせ技で、クレジットカード払いが出来ない税金等の支払いでもポイントが貯められるという事

nanacoチャージ方法の1つに、クレジットチャージという方法があります。

通常のクレジットカードでは、クレジットチャージでポイントが付かないのですが、リクルートカードであればポイントが付くのです。

ただし、ポイントが付く上限額は月額あ3万円までですので注意してください。

 

申し込みはこちら → リクルートカード

 

✅Amazonクレジットカード

Amazonクレジットカードとは、Amazonと三井住友カードが協力して発行している提携カード。

クラシックカードとゴールドカードの2種類が存在します。

ポイント還元率は、Amazonでの利用で、

クラシックカードなら1.5~2.0%

ゴールドカードなら2.5%

ただしゴールドカードには年会費(11,000円)がかかりますので注意して下さい*

*最大で年会費44,00円まで抑える事が可能。

Amazonクレジットカードを発行する際には、下の記事をよく読んでから審査申し込む事をおすすめします。

 

申し込みはこちら → Amazonクラシックカード

 

 

② 決済後に支払い方法を変更する方法(American Express・ダイナース等)

男性が気づく

次は、American Expressやダイナースカード等のクレジットカードを利用したり、でAmazon利用代金を分割払い・リボ払いにする方法を紹介します。

方法はいたって簡単。

まずは、Amazonの決済画面にて一括払いにて決算を行います。

その後、利用代金の支払い方法を分割払い・リボ払いに変更するだけです。

分割払い・リボ払いへの変更方法は、各カード会社にて異なります。

変更方法がわからない方は、カード会社に連絡し確認して下さい。

American Expressやダイナースのクレジットカードでは、分割払いやリボ払いができない場合があります。

例えば

American Expressでは、入会後6か月以内の利用者は分割払いが利用できません。

また、6か月経過後も分割払いをする為には、事前の審査が必要となります。

ダイナースでは、分割払いができません。支払い回数は、1括払い・ボーナス1括払いとなりますので注意して下さい。

その他詳しい事に関しては、各カード会社に問い合わせて頂く事をお勧めします。

 

 

③ リボ払い専用カードを利用する方法

check

通常のクレジットカードであれば、一括払いや分割払い・リボ払い等を自身で選択する事が可能です。

しかし中には、リボ払い専用のカードも存在します。

リボ払いを利用する事で、毎月の支払額が上限額以上にはならないので、利用計画や返済計画が立てやすいといったメリットがあります。

しかし、リボ払いは上手に利用しないと、手数料を取られてしまうというデメリットもあるのです。

他にも様々なメリット・デメリットがあるのですが、この記事では割愛させて頂きます。

このリボ払い専用カードを利用する事で、利用額の支払いが自動的にリボ払いになり、わざわざAmazonでの決済後にリボ払いに変更する手間がなくなるのです。

 

 

ご利用は計画的に!

どこかのCMで聞いたフレーズですね(笑)

クレジットカードでの利用料金を分割払い・リボ払いにするのは大変便利な反面、手数料が発生するというデメリットもあります。

通常の利用額に加え、手数料を余分に支払う事になる訳です。

一見便利に見えるクレジットカードも、管理を厳かにすることで、とても危険なツールへと変化してしまう可能性があります。

しっかりと、自身の返済可能上限額を把握し、上限額以上の無理な利用はしないように管理を行って下さい。

自己管理さえしっかり行えば、クレジットカードはとても便利なツールです。

Amazonでの分割払い・リボ払いを上手に活用しながら、ネットショッピングを楽しみましょう。

 

こちらの記事もおすすめ
クレジットカード

【2019年最新】陸マイラー(ANAマイル)を始める時に発行したおすすめクレジットカードを紹介!

2019年10月24日
陸マイラーが教えるクレジットカード・ポイントサイトブログ
陸マイラーのともパパです。 約3年程前、旅行費用を節約するためにはどうすれば良いのか?と考えていた時に出会ったのが『陸マイラー』。  …